軽トラは、ディーラー査定では高く売れない

軽トラをディーラーに売却しては損する訳

軽トラと言えば。スズキのキャリイトラック、ダイハツのハイゼットトラック、ホンダのアクティトラック、三菱自動車のミニキャブトラック、マツダのスクラムトラック(キャリイトラックのOEM)、スバルのサンバートラック(現在はハイゼットのOEM)などが挙げられます。

 

OEM車を含め、軽自動車を扱う自動車メーカーから発売されています。

 

軽トラの売却の際に、この軽トラを扱う自動車メーカーのディーラーに下取りや査定に出す方も多いかと思いますが、軽トラの中古車買取は、ディーラー査定は損をすることが多いと言えます。

 

自動車メーカーのディーラー査定は、基本、年式や走行距離、程度で査定価格が決まります。ほとんどの中古車がこれで金額が決まりますが。軽トラの中古車の多くが年式が結構古いものが多く、10年以上経過した軽トラも現役で活躍していることが多いですよね!

 

このように程度が良く走行距離が少ない軽トラでも10年落ちならディーラーでは査定価格は気持ち程度の金額になることも少なくありません。

 

しかし、中古車店や車買取店では、10年落ちで走行距離が少なく程度がそこそこなら、10万円以上の価格で買い取りしていいただけることも多く、ディーラー査定よりも大幅なアップも期待できます。

 

自動車ディーラーのほとんどが下取りした車を、オートオークションなどで処分することが多いので、中古車販売相場よりも中古車の査定に基づく査定基準で査定するので、軽トラなど中古車として需要が高い車でも、年式や走行距離、程度で査定することになるので、中古車相場よりも安値での買取になることがほとんどで、軽トラをディーラー下取りや査定で売却すした場合は、損をすることが多いと言えます。

 

このような訳で、軽トラの中古車は、ディーラー査定や下取りが不利になりやすく、安値での売却もあり得るというわけです。

 

よくある事例が、ディーラーで査定価格が付かなかった軽トラを、車買取店などでは、数万円で買い取りして頂けた例などがたくさんあります。

 

また、廃車にするような軽トラの事例では、ディーラーでは、廃車手数料を取られることもありますが、廃車買取業者や車買取業者では、廃車手数料なしで引き取りや1万円から2万円での買取事例もあります。

 

はっきり言って、軽トラの中古車は古くなっても需要が高く、自動車ディーラーでは、価値がない、買取不可やそれほど査定価格が振るわい軽トラでも車査定サイトなどで査定依頼した結果、結構いい値段で売れることも珍しいことではありません。

 

ここまで読まれて、まだ、ディーラーでの売却にこだわる方は、ディーラーで査定を取っても良いと思いますが、軽トラの中古車はディーラーでは良い評価が得られないことがお分かりなら、軽トラを有利な査定で少しでも高く売れる査定方法をお試しください。

 

軽トラの中古車査定で有利になる査定サイトで無料で利用できるサービスの車買取一括査定サイトが便利でおすすめです。

 

車買取一括査定サイトの中でも提携業者数が多いサービスが軽トラ査定に有利ですので、是非、下記の当サイトとでも実績がある車買取一括査定サイトをお試しください。


page top