軽トラックの購入ガイド

新車で買える軽トラック

軽トラックは、ダイハツ、スズキ、ホンダが製造しているほかに、マツダやスバル、日産、三菱、トヨタなどもOEM社ですが販売されています。

 

主なOEMは、

 

ダイハツ ハイセットトラック=スバルのサンバートラック、トヨタのピクシストラック

 

スズキ キャリイ=日産NT100クリッパー、三菱ミニキャブトラック、マツダのスクラムトラック

 

ホンダ アクティトラック

 

ということになります。

 

新車で購入できる軽トラックは以上のメーカーと車種です。

 

ただ、OEM車が多いので、販売しているメーカーが違うだけで同じ車種ということもあります。

人気の軽トラック ランキング

軽トラックでも新車販売台数の違いから人気が見えてくると言えます。

 

軽トラの人気ランキングは

 

1位 ダイハツ ハイゼットトラック

 

2位 スズキ、キャリイ

 

3位 ホンダ アクティトラック

 

4位 日産 NT100クリッパー

 

5位 スバル サンバートラック

 

6位 三菱 ミニキャブトラック

 

7位 トヨタ ピクシストラック

 

8位 マツダ スクラムトラック

 

になります。

 

軽トラの場合、販売台数が多いからと言って直接、性能や優れているというわけではなく、どこのメーカーの軽トラも装備などは十分あります。

 

また、OEM車が多くなっている現状では、違うメーカーの軽トラを購入したつもりが、同じ性能の軽トラということもあります。

 

軽トラの新車は結構、複雑な構図になっていると言えます。

 

 

ただ、駅トラックの場合、販売店の強さで車種が決まることも多く、特に地方での購入が多い軽トラの場合、その地域で強い軽トラメーカーを選ぶことになると言えます。

 

軽トラの販売台数順位は以上ですが、デザインや販売店などで選ぶことになることが多いと言えます。

 

軽トラの購入におすすめの車種

軽トラックの購入をお考えの方に当サイトがおすすめしている車種や用途によってのおすすめ軽トラを紹介しました。

 

軽トラの製造販売している自動車メーカーや3社だと言えます。

 

ダイハツ、スズキ、ホンダです。

 

車種は、ハイゼットトラック、キャリイ、アクティトラックですね!

 

どの軽トラも優秀で、どれを選んでも遜色はないと言えます。

 

ただ、人気はハイゼットトラックが高く、ハイゼットトラックの魅力と言えば、豊富なグレードとタイプだと言えます。

 

ハイゼットトラックは、ノーマルからダンプ、デッキバン、テールリフトなど用途に応じて対応できるだけの豊富なタイプの軽トラックが揃います。

 

また、安全ブレーキの装着なども他社よりも装着が早く安全面でもハイゼットトラックは優位だと言えます。

 

当サイトでおすすめの軽トラの1番手は、ダイハツのハイゼットトラックだと言えます。

 

後、個人的には、ホンダのアクティトラックも耐久性などではおすすめですが、アクティトラックもキャリイもモデルチェンジが待たれます。

 

今現在の軽トラックの購入でおすすめは、ハイゼットトラックだと言えます。

 

ただ、地方などの場合、ディーラーが近いことやすぐに駆け付けてくれるディーラーや販売店の方が安心できるので、軽トラック選びの要素として入れる必要があります。

 

当サイトがおすすめする軽トラックベスト3

 

ダイハツ ハイゼットトラック

 

ホンダ アクティトラック

 

スズキ キャリイ

軽トラックの値引きとリセールバリュー

軽トラックを新車購入する際の値引き金額は幾らくらいでしょうか?

 

軽トラは、新車価格もそれほど高くない上に、軽トラを必要に方しか購入しに来ない車種、モデルということで値引きはあまり期待できません。

 

それでも、他社の軽トラックなどを引き合いに出せば、多少の値引きは期待できます。

 

軽トラの値引きは、各メーカー

 

5万〜15万円までだと言えます。

 

ただ、新車価格が高い高グレードや4WD車やオプションを付けた場合は値引き率も高くなる傾向にありますがそれほど期待はできません。

 

軽トラックの主な車種の目標値引き金額

車種 目標値引き金額
ハイゼットトラック 17万円
アクティトラック 15万円
キャリイ 15万円

 

 

次に軽トラのリセールバリューですが、軽トラは中古車市場でも需要が高く、リセールバリューは高いと言えます。

 

ただ、軽トラの購入者のほとんどが3年以内での売却は考えておらず、低年式の軽トラの中古車は出回りにくいと言えます。

 

また、10年落ちの軽トラの中古車でも値段が付くのも特徴です。

 

年式が古くても買取手があるのが軽トラの中古車だと言えます。

 

では、軽トラの3年、5年後のリセールバリューを一応、掲載しておきます。

 

車種 3年 5年
ハイゼットトラック 68% 60%
アクティトラック 67% 58%
キャリイ 67% 58%
page top